歯科医院で出来ることまとめサイト

歯医者でできる口元を美しくする方法

歯医者は歯が痛くなったり、歯茎が腫れたら行く場所だと多くの人に認識されています。
歯を削られて痛みがあるから、できれば行きたくない場所だと認識している人もいるでしょう。
しかし、最近は口元をきれいにするために歯医者に通う人が増えています。

歯医者で行われている、歯のホワイトニングは美しくする治療法として人気が高いです。
人間の歯は真っ白ではありませんが、エナメル質の内側にある象牙質という部分が黄色味であるため黄色がかった白に見えます。
象牙質の色は年齢を重ねるごとに黄色が強くなっていくため、歯が黄ばんだようになります。
さらに、茶渋やカレーなど、日常の飲食によっては歯の表面に着色がついていきます。

そこで、まず行われるのが歯のクリーニングです。
着色などの汚れを専用の機器で取り除いて、磨いていきます。
痛みがなく、歯がツルツルになるので1度受けると定期的に受けたくなる患者さんが多いです。
歯の消しゴムという商品が市販されていますが、この商品は研磨剤で表面の汚れをとっているだけです。
仕上がりはきれいになったように見えますが、歯がざらざらしているので汚れが付きやすい状態になってしまいます。
着色汚れは歯医者に行き、専用の器具できれいにしてもらった方が安心です。

クリーニングでは歯の表面の着色汚れしか落とすことができません。
象牙質など、歯の内部の汚れをきれいにするためには、ホワイトニングが必要です。
ホワイトニングでは過酸化水素水や過酸化尿素という漂白剤を使用して、内部の色素を分解することで歯の色をきれいにします。
過酸化水素や過酸化尿素はお口に使っても安全な漂白剤ですが、粘膜につかないように保護してから歯への治療を行います。
歯医者でしかこの漂白剤は使用できず、効果的に歯を白くすることが可能です。

一般歯科でもこのようなクリーニングやホワイトニングは受けることができますが、より専門的に口元をきれいにしたいのであれば審美歯科を受診しましょう。
審美歯科では、クリーニングやホワイトニングなどお口の中をきれいにするための治療を扱っています。
歯だけでなく、歯茎の黒ずみを解消するための歯茎のホワイトニングなど、一般歯科では行っていない治療もあります。

口元は人の印象に強い影響を与えます。
白く健康な歯に、ピンク色の歯茎の口元は若々しい印象を与えることができるでしょう。
歯医者は痛いところという認識を改めて、口元をきれいにしてくれるパートナーとして扱うと印象が変わります。