歯科医院で出来ることまとめサイト

歯列矯正が目立たなくなった

歯並びで悩んでいて、歯列矯正をしたいと考えている人も多いでしょう。
しかし歯列矯正といえば、あの歯の上に金属のワイヤーが巻き付いていて、それが目立つのが気になり、戸惑ってしまうということもあります。
最近では、目立たないやり方で歯列矯正をするのも可能になっています。

目立たない方法としてまず挙げられるのは、マウスピースによる強制です。
このマウスピースを用いた矯正には、インビザラインとクリアアライナーの2つの方法があります。
いずれもマウスピースであるという点で目立ちにくく、さらにクリアアライナーはかなり透明で薄くなっているのが特徴です。

両方とも歯を動かすという点では共通していますが、インビザラインが初回のみ型を取るのに比べ、クリアアライナーは毎回型を取り直して新しい物を作成しています。
このためクリアアライナーは、矯正の段階に合わせたマウスピースをつけることができます。
ただ毎回歯型を取るのは苦手という人は、インビザラインの方がいいでしょう。

それからワイヤーやブラケットを白、あるいは透明の物にして、矯正しているのを目立たないようにすることができます。
これを審美ブラケットといいます。
その他には裏側矯正といって、歯の裏側に矯正装置を装着する方法もあります。
このやり方はかなり目立たないので、接客や営業をしている人にもお勧めです。

ただし歯の裏側に装置があるので、最初のうちは話がしづらく感じる人もいます。
また表側の矯正よりも治療期間が長くかかる傾向があります。

それからハーフリンガルといって、一番目立つ上の前歯を裏側矯正、後は表側矯正にするという方法もあります。
これも上の前歯は裏に矯正装置を装着しているので、矯正しているのがわかりにくくなっています。
裏側矯正よりも話はしやすいのですが、裏側矯正同様、表側の矯正よりは費用がかかる可能性が高いです。

それから歯列矯正中の食事ですが、固いので装置にダメージを与える、色がつく、挟まりやすいなどといった食品は、避けた方がいいでしょう。
ただしマウスピースの場合は取り外しができますので、その心配はほとんどありません。
固いお煎餅でも色がつきやすいカレーでも、挟まりやすいパスタでも食べることができます。
また取り外しができるので、その分衛生的でもあります。

ただしだからといって、マウスピースの治療がすべての歯列矯正に適しているというわけではありません。
歯並びによってはできない人もいますし、裏側矯正やワイヤーをつける方が効果的な人もいるのです。
ですから最初からインビザラインあるいはクリアアライナーと決めつけるのではなく、まずクリニックで相談をして、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。