歯科医院で出来ることまとめサイト

歯並びを良くしたければ早めに矯正歯科へ

歯並びが悪いとか出っ歯であるという理由で、自分に今一つ自信が持てないとか、笑顔の時がとても気になるという人は、早めに矯正歯科を受診するようにしましょう。
年齢的に若ければ若いほど、短期間で効果が得られるようになります。
特に子供の頃に治療を受けるのがお勧めですが、ある程度の年齢になっても、効果を実感できることもあります。

しかし歯並びが悪いといっても、どのように悪いのかは様々です。
例として、前歯が突き出したいわゆる出っ歯、すきっ歯、そして乱杭歯などがあります。
すきっ歯は正確には空隙歯列といい、歯と歯の間が空いている状態、そして乱杭歯は、歯並びがでこぼこになっている状態のことをさします。

また咬み合わせが悪いために、矯正歯科に通って治療を受けた方がいいこともあります。
咬み合わせの悪さの代表として、開咬というものがあります。
これは奥歯しか咬み合っていない状態であるため、前の部分が突き出ている状態のことです。
咬み合わせという点では、受け口も矯正治療を受けたほうがいいとされています。

受け口というのは、上あごに比べて下あごが前に出ている状態のことです。
特に子供の受け口は、早めに治療した方がいいといわれています。
なぜかといいますと、受け口により食物がうまく噛めなくなる、顎関節症を引き起こしやすくなる、しゃべった時の発音が悪く聞き取りにくいなどのデメリットがあるからです。
また首や肩などの骨に負担がかかりやすくなり、全身のバランスに影響するようになります。

しかし矯正歯科での治療というと、あの金属のワイヤーをつけるというイメージがあるものです。
あれが目立って嫌だという人も多いことでしょう。
しかし最近では、矯正治療はワイヤーだけではなく、マウスピースを使って治療することもありますし、また裏側矯正といって、歯の裏側から矯正器具をつけ、目立たないようにするという方法もあります。
特に接客の仕事をしている人には、このタイプがお勧めです。

それからワイヤーも白色の物があり、遠目には歯と同化して見えます。
ですからこのタイプのワイヤー、あるいはマウスピースを使っている場合は、あまり矯正をしているということがわからず、矯正を受けている本人も気分的に楽になれます。
このワイヤーは、ブラケットという装置を通して歯に装着します。
クリニックにもよりますが、前歯には目立たない色のブラケット、奥歯にはメタルのブラケットをつけることもあります。

歯並びの悪さは見た目だけではなく、その人の健康にも大きく関わって来ます。
ですからまず矯正歯科に行ってカウンセリングを行い、自分に合った方法で治すのがお勧めです。
また矯正は保険が適用されないことが多く、特に裏側矯正などの場合はかなり費用がかかることもありますが、最近はローンやクレジットカードも使えるようになっています。