歯科医院で出来ることまとめサイト

デンタルフロスはシンプルだけどすごい!

歯は体の健康を保つ為にも大切な部分であり、綺麗に保つ事が必要です。
もし、虫歯になった場合、歯を削ったり、酷い場合には神経を抜かなければいけなくなりますので、デンタルケアを怠らないようにしていく事が大切でしょう。
適切にデンタルケアを行うには、歯を磨く場所に応じて歯ブラシやデンタルフロスを使い分けていかなければいけません。
虫歯や歯周病、出血などの症状が出ないようにするにはプラークを除去し、口腔内を常に綺麗にしていくのが良いでしょう。

予防歯科の観点から歯科医や歯科衛生士が奨めているのがデンタルフロスとタフトブラシの併用です。
歯間ブラシもありますが、柄で糸が固定されていますので、デンタルフロスと比較しますと歯間を自在に動かしにくいという弱点があります。
その為、デンタルフロスは糸ですので歯間で動かし易く、歯に沿って丁寧にプラーク除去が出来ます。
タフトブラシは、通常の歯ブラシでは磨きにくい箇所、歯の裏側や奥歯の裏側などを磨くのに適しています。
毛束が1つのヘッドの小さな歯ブラシであるタフトブラシとデンタルフロスの併用によって、普通の歯ブラシよりも何倍もプラーク除去が行えますので予防歯科においてはなくてはならない物です。

タフトブラシやデンタルフロスは軽く擦るように使う事でプラークを落とす事が出来ます。
歯間ブラシを使うのであれば、歯間のサイズに合った歯間ブラシを探す必要があり、意外と使いこなしが難しい物です。
その点、デンタルフロスは最初は使い方に戸惑う事があるかもしれませんが、慣れれば自在に使えるようになりますので、日常的に口腔ケアをするのに便利です。

プラークコントロールは、虫歯予防や歯周病予防だけでなく、口臭予防にも役立ちます。
現代社会では様々な臭いに敏感になりつつあり、仕事をしている人々や学校に通っている人々は常に会話で人間関係を構築していく事になります。
その為、口臭を無くしておく事は大切であり、歯間ブラシやデンタルフロスやタフトブラシを最大限に活用して口腔ケアを行っていけば、口臭がほぼしなくなってきます。

歯周病は歯をほとんど使い物にならなくする病気ですので、このような症状を発症しないようにするには、定期的に歯科医院で検診や口腔ケアについてアドバイスなどをもらうと良いでしょう。
ケアが適切であれば、それだけプラークを減らす事が出来ますので、歯周病や虫歯の原因を根本から除去する事が出来ます。