歯科医院で出来ることまとめサイト

インプラントはどういう人に適している?

歯周病の悪化や怪我といった事態により歯を失った場合、入れ歯で補うケースが多いです。
ところが入れ歯の場合は食べ物が挟まったりして痛かったり、入れ歯がガタついて上手く噛めなかったりする等問題が生じるケースが少なくありません。
また外から金具が見えるといった具合に、見た目が悪くなるのを気にしてしまう人もいます。
そんな風に入れ歯に対して不満を持っている人は、インプラント治療に切り替える事で不満を解消可能です。

インプラントについて考える女性インプラントは歯根を骨に埋め込み、それを土台にして人工歯を入れるため入れ歯の様にガタつく心配はありません。
骨に埋め込みを行った土台がしっかりしているので、固い物でもしっかりと噛めるという強度を得る事も可能です。
お陰で歯周病等で失った歯を、取り戻す様な感覚を得る事が出来ます。
機能的な問題だけではなく、見た目の自然さも取り戻す事が出来る点も魅力的です。

ただしインプラント治療には、適した人とそうでない人がいます。
失った歯の両隣の歯が天然歯の場合、入れ歯ではなくブリッジ治療を行うケースが多いです。
ですがブリッジ治療だと、両隣の歯に問題がなくても削る事になります。
なので問題がない歯を削りたくないという人は、インプラント治療を選ぶべきです。
この治療法であれば、両隣の歯に影響を与えずに治療する事が出来ます。

歯周病ではなく、不慮の事故等で怪我して歯を失った人にもインプラント治療はおすすめです。
このケースでは歯が折れていても、歯の周りの骨は比較的良い状態で残っている可能性が高かったりします。
お陰でダメージを負った歯の周囲に悪影響を与える事なく、しっかりと治療を行える可能性が高いのでおすすめです。

実の所インプラント治療の成功率には口内環境が大きく関わっています。
インプラントを入れる周囲の歯が歯周病である場合は、成功率が下がってしまうので注意が必要です。
なのでインプラント治療を受けるのに適しているのは、口内ケアが十分に出来ていたり周囲の歯の歯周病をきちんと治療出来ている人になります。

インプラント治療を行いさえすれば、後は何もせずに問題なく歯を使えると思い込んでいる人は少なくありません。
ですがインプラント治療を受けて人工歯にしても、歯のケアは必要です。
歯磨き等の毎日のケアで清潔さを保つだけでなく、問題がないか歯科医院に定期検診を受けに行く必要があります。
ケアを行ったりきちんと定期検診を受けに行かないと、インプラント周囲炎という病気になる恐れがあるので注意が必要です。
だからこそきちんとケアして定期検診に行く様な、マメな人が向いている治療法だと言えます。