歯科医院で出来ることまとめサイト

歯科医院では、う歯など歯自体の疾患の治療だけでなく、口腔内の治療やケア・予防など広範囲にわたっての施術・治療が可能です。
ここでは、歯科医院で受けられる治療や治療方法、ケア方法について紹介していきます。

歯科医院に通う上で最も多いのが、う歯や知覚過敏など歯自体のトラブル・疾患に関してです。
これらの治療は一般歯科で受けるため、他の科よりも取り扱う医院は圧倒的に多い傾向にあります。
早期治療が理想ではあるものの、症状がかなり進行・悪化してから通院するケースが後を絶たないため、定期検診など予防歯科に力を入れている医院も多いです。

次に、歯を美しくしたり噛み合わせをしやすいように整えたりする審美歯科・矯正歯科についても見ていきましょう。
審美歯科とは黄ばんだ表面を白くするなど、文字通り美しく見せるようにする科です。

治療方法は患者のライフスタイルによって選ぶことができ、医院での施術が中心の治療方法と、定期的に通院するものの施術は自宅で行う治療法の2つがあります。
前者は一度の治療時間が長いものの短期間で済み、後者は治療期間は長いものの自宅で施術可能なので、まとまった時間が取れない方に有用です。
また、白く美しくするだけでなく入れ歯・差し歯などの治療も行います。

矯正歯科では、噛み合わせや見た目の補正をする歯列矯正が主体です。
技術の進歩により、目立ちにくい矯正器具や、以前は子どものうちでないと不可能と言われた矯正を大人でも可能にする器具が登場しています。
この治療を受けることで正しい発音や、う歯の予防、あごの形の改善などに繋がります。
加えて、無駄なく噛めるようになることで消化の効率もアップするのも大きなメリットです。
身体全体の健康に繋がる、非常に有用な治療と言えます。

歯科医院では、知覚過敏の治療も行います。
ブラッシングの際や冷たいものを飲食する際に痛みを感じる症状を、塗り薬による治療と特殊な素材によるコーティングで改善する治療法です。
ただ、知覚過敏の原因はひとつではなく、歯に潜むトラブル・病気が原因であることも多い傾向にあります。
そのため、一般の治療と複合的に行われることが大半です。

この他、顎関節の治療や交通事故など歯の欠損も歯科医院が担当します。
顎が外れた時に慌てて通常の内科を探してしまいそうになりますが、近隣の歯科医院で取り扱っているかどうか、今のうちにチェックしておくといざという時に焦りません。

歯科医院では患者さんに教育するのも大事

さまざまな歯の治療を行う歯科医院ですが、患者さんへの教育も大事な仕事のひとつです。
プラークが蓄積して歯石へと発展し、さらにそこからう歯などトラブル・病気に進行してしまうため、それらを予防するには日々のブラッシングが重要となります。
毎日歯科医院に通院して医師に磨いてもらうわけにもいかないため、ブラッシング指導は欠かせません。
プラーク・歯石のたまりやすい体質の方には、ブラッシング指導などセルフケアはもちろん、日々の食生活の管理などの教育も行います。

ブラッシングの指導をする歯科衛生士予防歯科では、近年デンタルリンスを用いたセルフケアも導入されています。
いくら優れたハブラシを用いても歯の間・隙間に届かなかったりと、ブラッシング技術では限界があるからです。
デンタルリンスを併用することで、ブラッシングでは困難なプラークを落とし、疾患を未然に防ぎます。

もちろん、歯や口腔内にまつわる悩みを解決するのも歯科医院の領域です。
矯正歯科で用いている器具や素材が、体質に合わないといったケースや、噛み合わせが思わしくない時の調整などにも対応します。
子どもの歯の生え変わり時期についての相談や、親知らずの検査などもカバーしています。
ただ、医院によっては小児科を扱っていない場合もあるため、問い合わせて確認しておきましょう。

生活習慣や加齢などによって引き起こされる、唾液分泌量の低下の症状についての悩みにも対応します。
唾液が不足して口腔内が乾燥し、飲み物が手放せない症状をドライマウスと呼びますが、これも放置すれば歯の大きな疾患へと発展する危険な状態です。
この場合の治療法は亜鉛やコエンザイムQ10、マグネシウムを含む食品の摂取、つまり食事療法です。
食事の指導や生活習慣のカウンセリングによって、症状の解決・改善を図ります。

食事療法の指導を強化している歯科医院も多いです。
現代の医療では、口腔内で起きることが内部で完結するのではなく、口腔内から身体の全体へ影響することが判明しているため、積極的に取り組まれています。
具体的な指導としては、虫歯の予防のためにマグネシウムや亜鉛の摂取をすすめたり、周辺組織を補強するコラーゲンを生成するべく、タンパク質・ビタミンC・鉄分を含む食品の摂取をすすめるなどが挙げられます。
さらに、コラーゲン不足は食品ではなかなか補えないため、近年ではサプリメントを用いた予防法も取り入れる傾向にあります。